病院のご案内

病院指標

平成28年度 よこすか浦賀病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数
ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 25 64 139 288 252 62
当院の基本方針のひとつに「地域医療機関・施設との連携を推進し、地域医療に貢献します」がございます。
幅広い年齢層の患者様を受入れていますが、特に60歳以上の患者様の割合が88%を超えています。
全国の高齢者率23.1%に対し横須賀市は高齢者率25.2%(平成22年度国勢調査)と高齢者の割合が多くなっていることが一つの要因として考えられます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病なし 73 3.21 2.72 0 72.71
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 20 5.60 5.29 0 62.50
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術あり 手術・処置等2 なし 14 8.42 7.24 0 46.28
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 13 13.46 11.06 0 81.84
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 手術・処置等2 あり 12 6.83 7.89 0 65.41
当院では消化器外科の医師が消化器疾患全般の入院管理を行っております。
外科的処置が必要な患者様、内科的処置が必要な患者様、どちらの患者様にも適切な医療を提供できるように
消化器専門医が治療計画、管理を行っております。
内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 24 23.75 17.95 0 84.33
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 10 32.70 20.57 0 83.30
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 12.43
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 5.50
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 23.85
当院では循環器内科専門医、生活習慣病専門医が内科入院の管理を行っております。
高齢者の多い地域であり、また、近隣には介護施設等が多くあり、心不全や肺炎の症例を多く扱っております。
肺炎は詳細に分類した場合に個々の件数としては少なく、上記一覧には入ってきておりません。
その他、脊椎の圧迫骨折については近隣の高度急性期病院の後方支援病院として持病の管理も含めて、内科医が総合的に入院管理しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌は12症例、大腸癌は11症例、肝癌は2症例でありステージ毎に分けると各ステージで10症例未満であり集計条件により”―”で記載しています。
地域の先生方・健診センターから御紹介のうえ、精密検査を当院で実施し、手術を行うといった流れになっています。
胃癌および大腸癌では早期癌に対しては内視鏡治療も積極的に行っております。
また、患者様の状態に合わせ化学療法など幅広い治療を実施しています。
進行度が低いStageⅠの患者様から、最も進行しているStageⅣの患者様、終末期医療の必要な患者様まで幅広く診療をしております。
消化器癌以外の症例については、必要に応じて専門医療機関へ積極的に紹介を行い、患者様に必要な医療が提供されるように心掛けております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 30 11.77 80.28
重症
超重症
不明
集計条件により”―”で記載されておりますが、中等症の他にも重症、超重症の症例もあり、全体では36症例でした。
重症度の高い患者様については当院で治療するだけでなく、必要に応じて高次医療機関に転院依頼をするなど、患者様に必要な医療を提供できるように心掛けております。

脳梗塞のICD10別患者数等
ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
専門常勤医がいない為、原則的に入院診療は行っておりません。
ただし、他院治療後に外来通院での投薬などの管理については、当院でも行っております。
上記分類による個々の件数としては10件未満の為、集計条件により”―”で記載しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 68 1.29 3.08 0.00 71.47
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 20 1.30 4.45 0.00 62.50
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 15 0.00 3.80 0.00 75.40
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 13 5.61 10.69 0.00 63.23
K654 内視鏡的消化管止血術
当院の消化器外科医が内視鏡治療を行っているため、手術件数は内視鏡による手術が主となっていますが、腹腔鏡下手術、開腹手術も行われています。
また、当院では麻酔科の常勤医師を配置しており、術前・術中・術後の全身管理を行っています。
眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 264 0.00 1.00 0.00 74.65
当院の眼科では白内障手術の患者様のみ入院対応としております。
その他の疾患で入院加療を必要とする場合には、患者様に必要な医療が提供できるよう、専門医療機関へ紹介しております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
上記分類による個々の件数は10件未満のため、集計条件により”―”で記載しています。
重症患者様については高次医療機関と連携を取り、患者様が速やかに適切な医療を行えるようにしております。

更新履歴

2017/09/27

初版 公開