病院のご案内

病院指標

令和2年度 よこすか浦賀病院 病院指標

DPCコーディングデータを使用し、下記の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計対象

  • 令和2年4月~令和3年3月退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
  • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成30年厚生労働省告示第68号)』に規定)は集計対象外
  • 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者

※患者数10未満の場合は-(ハイフン)

年齢階級別退院患者数
ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 16 24 55 79 152 461 339 136

当院の基本方針のひとつに「地域医療機関・施設との連携を推進し、地域医療に貢献します」がございます。
幅広い年齢層の患者様を受入れていますが、特に60歳以上の患者様の割合が85%を超えています。
令和2年度の全国の高齢者率(65歳以上)28.7%に対し横須賀市は高齢者率31.8%と高齢者の割合が多くなっていることが一つの要因として考えられます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060241xx97xxxx 痔核 41 8.71 5.64 0.00% 57.12
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 34 7.85 4.86 0.00% 74.88
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 24 12.96 7.74 0.00% 66.00
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 21 11.52 7.43 0.00% 58.05
060335xx02000x 胆嚢炎等 17 16.24 7.23 0.00% 66.94

当院では消化器外科の医師が消化器疾患全般の入院管理を行っております。
外科的処置が必要な患者様、内科的処置が必要な患者様、どちらの患者様にも適切な医療を提供できるように消化器専門医が治療計画、管理を行っております。

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 29 18.52 17.23 10.34% 87.97
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 14 12.64 13.00 0.00% 85.21
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 20.51
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 7.71
100380xxxxxxxx 体液減少症 10.51

当院では循環器内科専門医、消化器内科専門医が内科入院の管理を行っております。
高齢者の多い地域であり、また、近隣には介護施設等が多くあり、心不全や肺炎の症例を多くお受けしております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 51 44.67 25.09 7.84% 84.18
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・胸髄損傷を含む。) 46 46.39 18.81 10.84% 82.41
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 17 41.59 21.71 11.76% 83.65
160980xx99x0xx 骨盤損傷 12 38.25 19.06 0.00% 83.58
160760xx97xx0x 前腕の骨折 11 7.27 5.18 0.00% 65.82

令和2年度は大腿骨の骨折が前年より21件多くなりました。平均在院日数が全国平均より長い傾向がありますが、
回復期リハビリテーション病棟にて、出来る限り自宅生活できるようにリハビリを実施しているためでございます。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 337 2.98 2.76 0.00% 75.88
020220xx97xxx0 緑内障  62 2.97 5.79 0.00% 74.34
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし 2.56
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 3.07
020250xx97xxxx 結膜の障害 3.22

高齢者の多い地域であり、高齢の方が発症しやすい白内障の治療の他、緑内障の治療も行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7,8
大腸癌 1 7,8
乳癌 1 8
肺癌 1 7
肝癌 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

上記分類による個々の件数は10件未満でしたが、地域の先生方・健診センターから御紹介を頂き、精密検査を実施し、手術を行っております。
胃癌および大腸癌では早期癌に対しては内視鏡治療も積極的に行っております。
また、患者様の状態に合わせ化学療法など幅広い治療を実施しております。
進行度が低いStageⅠの患者様から、最も進行しているStageⅣの患者様、終末期医療の必要な患者様まで幅広く診療をしております。
消化器癌以外の症例については、必要に応じて専門医療機関へに紹介を行い、患者様に最善な医療が提供されるように心掛けております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明

上記重症度別による個々の件数は10件未満でございました。
重度以上の患者様については当院で治療するだけでなく、必要と判断した場合、高次医療機関に転院依頼をするなど、患者様に最適な治療を受けて頂けるように心掛けております。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
12 38.17 80.33 16.67%

脳梗塞は、脳の血管が閉塞したり狭窄したりすることにより引き起こされます。世界保健機関(WHO)が作成した国際疾病分類(ICD)に基づいて、I63$のコードに分類されます。
当院では、初期、軽度の患者様に点滴治療や早期リハビリを行っております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法)を伴わない) 41 1.00 7.15 0.00% 57.39
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 36 5.28 6.47 0.00% 70.83
K6335 鼠径ヘルニア手術 35 1.26 5.83 0.00% 75.17
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 34 3.74 8.09 0.00% 64.38
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 11 0.09 6.64 0.00% 40.36

手術件数は痔核手術が主となっていますが、腹腔鏡下手術、開腹手術も行っております。
また、当院では麻酔科の常勤医師を配置しており、術前・術中・術後の全身管理を行っています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 39 3.31 38.92 10.26% 79.67
K0811 人工骨頭挿入術(股) 19 3.95 33.11 0.00% 85.16
K0462 骨折観血的手術(前腕) 11 1.55 8.36 0.00% 63.36
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿)

症例数第1位は骨折観血的手術(大腿)、第2位は人工骨頭挿入術(股)、第3位骨折観血的手術(前腕)となっております。
高齢者は転倒により骨折した場合ADL(日常生活動作)の低下が進むため、手術を行いADLの確保をしております。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 328 0.97 1.00 0.00% 75.93
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 61 0.97 1.02 0.00% 74.34
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入)(逢着レンズ挿入)
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)  –
K244 翼状片手術(弁の移植を要する)  –

当院の眼科では白内障手術の患者様を主に入院対応しております。
対応困難な場合には、患者様に最適な治療を受けて頂けるように専門医療機関へ紹介しております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群(DIC) 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

上記分類による個々の件数は10件未満のため、集計条件により”-(ハイフン)”で記載しています。
重症患者様については高次医療機関と連携を取り、患者様が速やかに適切な医療を行えるようにしております。

更新履歴

2021/09/21

令和2年度 病院指標を公開しました。