病院のご案内

概要・沿革

理事長挨拶

理事長この度、よこすか浦賀病院の理事長に就任いたしました、横川秀男でございます。

風光明媚な三浦半島に位置し、国際港湾都市でもある横須賀市の浦賀地区拠点病院、浦賀病院の事業継承にあたりまして、私ども医療法人横浜柏堤会が大切にすべきことは、戸田中央医科グループ(TMG)の拠点法人として、今まで浦賀病院が提供してきた医療の質の維持、さらにはその向上により、地域の皆様を愛し、地域の皆様に愛される病院であり続けることです。現在横須賀市の人口は約40万人、そのうち65歳以上のかたが約3割を占めます。

高齢者の方が住み慣れた地域で、いかに健康にQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を維持しながらお過ごし頂くかは、高齢者の方だけの問題ではなく、これから「高齢者」になる7割の方にとっても大変重要な課題となります。
横浜柏堤会が17施設を展開し、本部をおく横浜市戸塚地区は、横須賀とJR横須賀線1本で約40分、自動車でも40分弱と交通至便な状況でつながっています。今後、地域の皆様の需要にさらにお応えできる様、診療体制を整える計画ではございますが、それでも十分でないところは、私ども法人の各施設で対応させて頂くことが可能です。

戸塚では急性期病院に加えて、グループホームや老人保健施設等の介護施設も充実しており、それらの施設とも連携をとりながら、浦賀地区、横須賀市の皆様へ「トータルヘルスケア」を提供、地域医療に貢献してまいります。 私ども法人では、「チーム力」を特に大切にしています。

私たちの合言葉は「One for All, All for One(1人は皆のために、皆は1人のために)」です。医師、看護師、薬剤師、検査技師、栄養士、事務スタッフ等、様々な職種がお互いを尊重し、助け合いながら、「患者様のために」協働します。新しいスタッフも加わり、不慣れな点もあるかと存じますが、「変化はチャンス」と捉えて、皆さまから信頼される病院を目指し職員一同これまで以上に精進いたします。

新しい『よこすか浦賀病院』をどうぞよろしくお願い致します。

病院長挨拶

img_doctor_02

平成28年4月1日よりよこすか浦賀病院の病院長に就任いたしました阿部裕(ゆたか)です。

平成5年に福島県立医科大学を卒業後、東京女子医科大学第二外科学教室に入局し、消化器・一般外科を専門としてこれまで外科治療、内視鏡診断・治療、悪性疾患への抗癌治療、緩和医療等と、もっぱら臨床医療をして参りました。 前任地の戸塚共立第2病院には13年間勤務し、平成22年より副院長及び外科部長として勤め、多くの患者様の診療をさせていただきました。よこすか浦賀病院におきましても、これまで培った専門性を生かし、微力ではありますがこの地域の医療に貢献できればと考えております。

さて、浦賀造船所の診療所として、大正元年に発足して以来、長きにわたり住友重機械健康保険組合浦賀病院として提供されていた診療活動を、平成27年8月より医療法人横浜柏堤会が事業継承し、新たに『よこすか浦賀病院』として開院いたしました。これまでは企業の職員を対象とした医療を、浦賀地区さらにはその周囲で生活されている住民の方々に広く提供していく病院に生まれ変わらせ、2年が経過し、徐々にではありますが、皆様にご周知いただけるようになってきたものと考えております。病院の理念にありますように、患者様の意思を尊重し、優しく、早く、正確で、質の高い医療を多くの方々に提供できるよう努力し、 現在の医療事情を十分に理解しつつ、地域において信頼され、皆様に選んでいただける病院となりますよう、職員一同とともにこれからも努力していきたいと存じます。

昨今の厳しい医療界の状況の中で、地域の各医療機関との病診・病病連携の強化、各種施設や在宅療養を支援する様々な事業所との協力関係の促進、行政機関との連携を密にすることは、必須の課題と考えます。各方面の関係者の方々に、忌憚なきご意見・ご指導をいただきながら、よりよい地域医療体制構築の働きの一助となることができればと存じます。

当院の持つ機能・特性を最大限生かし、地域の1次から一部の2次救急をしっかりと担い、在宅医療も含めて地域の「かかりつけ病院」として貢献して参りたいと思います。さらには今後、終末期医療や緩和医療にも力を注いで行きたいと考えております。責務は大変大きいですが、気負うことなく自然体で臨み、真摯な心を持って果たして参ります。

皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

病院概要

病院名 医療法人横浜柏堤会
よこすか浦賀病院
病院長 阿部 裕
所在地 〒239-0824 神奈川県横須賀市西浦賀1-11-1
電話 046-841-0922
FAX 046-841-0924
病床数 99床(内訳:一般病棟:60床、回復期リハビリテーション病棟:39床)

沿革

【大正元年8月1日】                                                                浦賀船渠・診療所として開設( 浦賀病院の前身)

【昭和14年5月】                                                                    浦賀船渠・診療所改築

【昭和18年10月】                                                                  第二病棟 開設

【昭和19年6月1日】                                                                浦賀船渠・診療所を浦賀造船所病院と改称

【昭和19年9月1日】                                                                    第3病棟を増設

【昭和19年10月1日】                                                                総合病院として認可

【昭和30年4月4日】                                                                       浦賀船渠病院 起工式・開設

【昭和31年3月】                                                                           浦賀船渠病院( 旧・浦賀病院)が駅前に開設                                                               横須賀市浦賀町1-36に竣工(4月1日開設)

【平成15年5月24日】                                                                          住友重機械健康保険組合 浦賀病院 開設                                                                 横須賀市西浦賀町1-9-1に竣工

【平成19年10月】
横須賀市西浦賀1-11-1に住居表示変更

【平成27年8月1日】                                                                           戸田中央医科グループ 医療法人横浜柏堤会へ事業継承                                                            よこすか浦賀病院(病院名変更)開院                                                                   理事長 横川 秀男 就任                                                                          病院長 佐藤 哲夫 就任

【平成28年4月1日】                                                                          病院長 阿部 裕  就任

 

よこすか浦賀病院の歩み