病院のご案内

概要・沿革

理事長挨拶

理事長この度、よこすか浦賀病院の理事長に就任いたしました、横川秀男でございます。

風光明媚な三浦半島に位置し、国際港湾都市でもある横須賀市の浦賀地区拠点病院、浦賀病院の事業継承にあたりまして、私ども医療法人横浜柏堤会が大切にすべきことは、戸田中央医科グループ(TMG)の拠点法人として、今まで浦賀病院が提供してきた医療の質の維持、さらにはその向上により、地域の皆様を愛し、地域の皆様に愛される病院であり続けることです。現在横須賀市の人口は約40万人、そのうち65歳以上のかたが約3割を占めます。

高齢者の方が住み慣れた地域で、いかに健康にQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を維持しながらお過ごし頂くかは、高齢者の方だけの問題ではなく、これから「高齢者」になる7割の方にとっても大変重要な課題となります。
横浜柏堤会が17施設を展開し、本部をおく横浜市戸塚地区は、横須賀とJR横須賀線1本で約40分、自動車でも40分弱と交通至便な状況でつながっています。今後、地域の皆様の需要にさらにお応えできる様、診療体制を整える計画ではございますが、それでも十分でないところは、私ども法人の各施設で対応させて頂くことが可能です。

戸塚では急性期病院に加えて、グループホームや老人保健施設等の介護施設も充実しており、それらの施設とも連携をとりながら、浦賀地区、横須賀市の皆様へ「トータルヘルスケア」を提供、地域医療に貢献してまいります。 私ども法人では、「チーム力」を特に大切にしています。

私たちの合言葉は「One for All, All for One(1人は皆のために、皆は1人のために)」です。医師、看護師、薬剤師、検査技師、栄養士、事務スタッフ等、様々な職種がお互いを尊重し、助け合いながら、「患者様のために」協働します。新しいスタッフも加わり、不慣れな点もあるかと存じますが、「変化はチャンス」と捉えて、皆さまから信頼される病院を目指し職員一同これまで以上に精進いたします。

新しい『よこすか浦賀病院』をどうぞよろしくお願い致します。

病院長挨拶

img_doctor_02

よこすか浦賀病院の起源は、大正元年に浦賀造船所の診療所として発足して以来、100年を超える歴史を横須賀市浦賀地区とともに過ごして参りました住友重機健康保険組合浦賀病院です。そのような歴史のある病院を、横浜柏堤会で平成27年8月より事業継承し『よこすか浦賀病院』として再開致しました。再開時には、大学医局の引き上げなどによる医師をはじめとする職員の不足という、非常に厳しい状況にも直面致しましたが、浦賀地区の「かかりつけ病院」として貢献して参りたいとの思いから機能構築の取り組みを行って参りました。それは医師をはじめとする多職種の職員採用を積極的に行い、教育し、これまでの健康保険組合員対象の病院ではなく、当院の持つ機能・特性を最大限生かした地域の1次から2次救急をしっかりと担えるような病院の体制構築を目指した取り組みとなりました。事業継承から3年が経過し、徐々にではありますが、地域の皆様に開かれた病院としてご周知いただけるようになってきおります。地域の「かかりつけ病院」として応えるべく取り組みと致しまして、まず通院される皆様方の利便性の『向上』をはかるために、浦賀駅、京急久里浜駅、JR久里浜駅間をマイクロバスの運行を開始致しました。それと同時に、午前・午後の診療体制の構築を行うことで、いつでも安心して来院出来る病院としての体制作りをしました。そして、地域ニーズに応えるため、平成29年8月より療養病棟でありました病棟を回復期リハビリテーション病棟へ転換し、9月からは長らく止まっておりました整形外科の入院診療を再開することが出来ました。診療体制の構築はある程度充足出来たとの考えのもと、平成30年度からは、『質の向上』に取り組んでおります。平成30年4月には、看護の『質の向上』を目指し、看護職員配置を増員し、一般病棟入院基本料2の届出を行いました。そして9月には、より充実したリハビリテーションを提供すべく回復期リハビリテーション病棟1の施設基準の取得、専従医師の配置、365日リハビリテーションを提供できる体制整備を行い、リハビリテーションの『質の向上』に取り組んで参りました。                                                                                           これからもみなさまの「かかりつけ病院」としての責務は大変大きいですが、気負うことなく自然体で臨み、真摯な心を持って果たして参ります。今後とも皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

病院概要

病院名 医療法人横浜柏堤会
よこすか浦賀病院
病院長 阿部 裕
所在地 〒239-0824 神奈川県横須賀市西浦賀1-11-1
電話 046-841-0922
FAX 046-841-0924
病床数 99床(内訳:一般病棟:60床、回復期リハビリテーション病棟:39床)

沿革

【大正元年8月1日】                                                                浦賀船渠・診療所として開設( 浦賀病院の前身)

【昭和14年5月】                                                                    浦賀船渠・診療所改築

【昭和18年10月】                                                                  第二病棟 開設

【昭和19年6月1日】                                                                浦賀船渠・診療所を浦賀造船所病院と改称

【昭和19年9月1日】                                                                    第3病棟を増設

【昭和19年10月1日】                                                                総合病院として認可

【昭和30年4月4日】                                                                       浦賀船渠病院 起工式・開設

【昭和31年3月】                                                                           浦賀船渠病院( 旧・浦賀病院)が駅前に開設                                                               横須賀市浦賀町1-36に竣工(4月1日開設)

【平成15年5月24日】                                                                          住友重機械健康保険組合 浦賀病院 開設                                                                 横須賀市西浦賀町1-9-1に竣工

【平成19年10月】
横須賀市西浦賀1-11-1に住居表示変更

【平成27年8月1日】                                                                           戸田中央医科グループ 医療法人横浜柏堤会へ事業継承                                                            よこすか浦賀病院(病院名変更)開院                                                                   理事長 横川 秀男 就任                                                                          病院長 佐藤 哲夫 就任

【平成28年4月1日】                                                                          病院長 阿部 裕  就任

 

よこすか浦賀病院の歩み