リハビリテーション科

リハビリテーション科

概要

施設基準

  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 摂食機能療法
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1
  • 休日リハビリテーション提供加算

対象領域

急性期、回復期、外来(足底板業務も含む)

対象疾患

急性期
整形外科疾患(上肢・下肢の各骨折の周術期、脊椎圧迫・破裂骨折、腰部脊柱管狭窄症、椎間版ヘルニア、関節リウマチなど)・外科疾患(消化器・癌の周術期など)、肺炎、慢性閉塞性肺疾患、心不全、糖尿病、その他内部疾患など
回復期
脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頸椎症性脊髄症)、整形外科疾患(大腿骨頸部・転子部・骨幹部・遠位端骨折、変形性股・膝関節症、脛骨高原骨折、脊椎圧迫・破裂骨折、腰部脊柱管狭窄症・黄色靭帯骨化症術後など)
外来
整形外科疾患全般(肩関節周囲炎、変形性股・膝関節症、乳癌術後、各骨折術後、アキレス腱断裂再建術後、足部疾患など)

スタッフ

スタッフ数

PT:21名、OT:7名、ST:1名、事務1名、合計30名

リハビリテーション科スタッフ

ライセンス一覧

    • 認定理学療法士(介護予防)
    • 離床インストラクター
    • 呼吸療法認定士
    • 糖尿病療養指導士
    • 心臓リハビリテーション指導士
    • 福祉住環境コーディネーター2級

など

環境

教育

新人指導

新人1名に3年目以上のスタッフが1名付き、指導者として雑務~臨床業務まで一連をサポートします。専用の教育ツールで目標の立案と振り返りを行なったり、役職と指導者間で進捗の報告会を定期開催し、適宜軌道修正を図るなど、指導体制を整えています。

勉強会

科内
対象患者に必要な内容/月1回
急性期
基礎、科内勉強会と一部連動/月1回(ランチョン形式)
高次脳
高次脳機能障害に特化した内容/月1回
急性期 科内 高次脳
4 血液データ KYT
5 脊柱の機能解剖 松葉杖
6 糖尿病 FIM 高次脳機能概論
7 心臓の解剖整理 心不全 注意障害
8 腎臓の解剖整理 腎不全 言語障害
9 肝臓の解剖整理 肝不全 右半球症状
10 足関節の機能解剖 インソール 記憶障害
11 歩行 装具 前頭葉症状
12 呼吸の生理 脳画像 構成障害
1 肺・胸郭の機能解剖 呼吸介助 失認・無視
2 股関節の機能解剖 膝関節の機能解剖 遂行機能
3 肩関節の機能解剖 手関節の機能解剖 失行
症例検討
担当症例の発表/月1回(ランチョン形式)

勉強会(TMGグループ内)

  • 新人教育プログラム(1~3年目対象):年2~3回
  • 職種別部会:年2回
  • 地域別:年2回

その他

  • 外部勉強会の適宜アナウンス
  • 外部勉強会参加後の伝達(任意)
  • 様々なライセンス取得・外部発表のサポート

採用

PT・OT・STの方、新卒・既卒を問わず、随時募集しています。ぜひ病院見学に来て、院内やリハビリテーション科の雰囲気を、実際に見て、感じてください。
採用情報について詳しくはこちらをご確認ください。
お電話にて予約を受け付けています。お気軽にお問い合わせください。
TEL 046-841-0922
担当:リハビリテーション科 丸山